2018年5月25日金曜日

キシダマムシグサ 2018野の花百景

日本固有種
初見の花
別名 ムロウマムシグサ
分布は東海地方~近畿地方。
特徴は、仏炎苞の咲きが尖り、尾状に長く伸びる。
付属体は棒状で、細かな班が入っていた。
23年前から名前がわからず困っていたが、
やっと同定できた。

撮影 2018.04.26 三重県





葉には斑が入るものも多く、また、葉のふちに鋸歯が有る物も有る

0 件のコメント:

コメントを投稿

ハルリンドウ(Harurindo)

 早く咲き出すこの自生地、午後 3 時過ぎになってしまった。 日が陰りだすとすぼんでしまう。 5~6本咲いていましたが、あっという間に閉じていく。 結局、 2 カットのみの撮影でした。 妻の撮影 妻の撮影