2013年12月25日水曜日

2013 初見の花15 クロフネサイシン

日本固有種
準絶滅危惧(NT)
写真だけを見ているとウスバサイシンと間違えるほどだ。
こちらは背丈12~13㎝と小さいことで違いが分かる。
ウスバサイシンは、雄しべ12個、花柱6個。
クロフネサイシンは、雄しべ6個、花柱3個と違いがある。

妻の撮影   2013.05.04 高知県

2013.05.04 高知県

0 件のコメント:

コメントを投稿

マツラン・カヤラン(Matsuran・Kayaran)

 花友さんにご案内いただきました。 梅の古木にマツランとカヤランが咲いていました。 どちらも着生ランです。 梅の幹に根を張り、ぶら下がるように花を咲かせますが、 成長が進むと、花の重みと強い風などで、木から剥がれ落ちてしまいます。 この花たちはなぜそんな道を選...