2023年3月19日日曜日

ツノハシバミ(Tsunohashibami)

 初見の花

雌雄同株の落葉低木。

長く垂れさがっているのが雄花です。

雌花は赤い柱頭だけが芽鱗に包まれて開化するそうです。

面白い花に出会えました。

妻の撮影

妻の撮影




0 件のコメント:

コメントを投稿

マツラン・カヤラン(Matsuran・Kayaran)

 花友さんにご案内いただきました。 梅の古木にマツランとカヤランが咲いていました。 どちらも着生ランです。 梅の幹に根を張り、ぶら下がるように花を咲かせますが、 成長が進むと、花の重みと強い風などで、木から剥がれ落ちてしまいます。 この花たちはなぜそんな道を選...