2019年2月3日日曜日

ミヤマウメモドキ 33 2018初見の花

日本固有種
日当たりのよい山地の湿地で見かける、雌雄異株の落葉低木。
葉がウメモドキより細長いのが特徴のようです。
花の観察会で初めて知りました。
ウメモドキのピンク色をした花との違いはわかりますが、
シロウメモドキも見ています。こちらは果実も白いようです。
奥の深い花の種類に戸惑うばかりです。

2018.05.27 岐阜県


0 件のコメント:

コメントを投稿

オオバミゾホオズキ(Obamizohozuki)

 亜高山帯の湿り気の多い所、水路の縁で見かけます。 今年も多くの花を咲かせていました、 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 2022.06.05