2013年11月11日月曜日

アサマリンドウ 2013野の花百景

初見の花
日本固有種
紀伊半島にはアサマリンドウが咲く。
名前の由来の伊勢市、朝熊山へアサマリンドウに出会うための山登りに行ってきました。
この山には朝熊7草と呼ばれる花があります。
アサマリンドウ、テイショウソウ、スズコウジュ、アサマギク、チャボホトトギス、
トリガタハンショウヅル、ミスミソウの7草です。
今の時期は、アサマリンドウのほかはテイショウソウが咲いているかもと、
いろいろ想像しながらの山旅です。
アサマリンドウは全部で7株ほど見ることができました。
少し旬を過ぎた感じです。
咲き終わった花の方が多く、
開いていた1株を除いてすべて蕾んでしまっていました。
来年になるが次に訪れる時を期待したい。

2013.10.27 三重県

2013.10.27 三重県

2013.10.27 三重県

2013.10.27 三重県

2013.10.27 三重県

0 件のコメント:

コメントを投稿

マツラン・カヤラン(Matsuran・Kayaran)

 花友さんにご案内いただきました。 梅の古木にマツランとカヤランが咲いていました。 どちらも着生ランです。 梅の幹に根を張り、ぶら下がるように花を咲かせますが、 成長が進むと、花の重みと強い風などで、木から剥がれ落ちてしまいます。 この花たちはなぜそんな道を選...