2022年3月8日火曜日

ウスギオウレン(Usugioren)

 日本固有種

キクバオウレン、セリバオウレン、コセリバオウレン、

そして今回載せますウスギオウレンと、何種類も有りますが、

花の形は全く同じように見えます。

違いは葉っぱの形により名前が付いているようです。

13出複葉がキクバオウレン、23出複葉がセリバオウレン、

33出複葉がコセリバオウレンとして区別されています。

そして今回登場するウスギオウレンは花(萼片)の色が淡い緑色をしていて,

33出複葉のものをウスギオウレンと呼ぶそうです。

花(萼片)の色はどの種のものでも白色からクリーム色、又はピンク色をしたものまで

色々です。

あえて違いを述べるなら、

高さ30㎝程になるキクバオウレン、20㎝程のセリバオウレン、

10センチ程のコセリバオウレンということになります。

ウスギオウレンはセリバオウレン、コセリバオウレンの色変わりだと私は思います。

あくまでも私個人の意見です。

今回載せるウスギオウレンは皆さんがそう呼んでいる自生地のものです。

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影






0 件のコメント:

コメントを投稿

アケボノソウ(Akebonoso)

  花冠の斑点を夜明けの星空に見立ててと言われています。 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影