2021年7月15日木曜日

ジガバチソウ(Jigabachiso)

 又また、書きたくない事件でした。

去年見つけた大株がごっそりと無くなっていました。

1m前後の場所を土ごと掘り起し、持っていかれました。

深さ30㎝ほどの穴が空いていました。

大胆な犯行に怒りがこみ上げてきます。

今年は、こんな事件が多く有り、嫌になってきます。

イチヨウランが30本、タケシマランが数本、テングノコヅチが群生する株すべてと、

穴ぼこだらけの姿が痛ましく、悔しい思いでいっぱいになってきました。

まだあります。ギンバイソウの自生地の花すべてなくなっていました。

人の話はよく聞きますが、自分に関係ある事件が多く発生する今は、

人の心が荒れた嫌な時代になったようです。

善悪の判断できる昔の時代が懐かしい思いです。


新しい自生地を求めて撮り貯めたジガバチソウです。


妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影







0 件のコメント:

コメントを投稿

セツブンソウ(Setsubunso)

  日本固有種 準絶滅危惧(NT) 寒波が押し寄せた翌日。 ひょっとして雪が降ったかも? そんな思いで訪れました。 皆さん思いは同じで、たくさんの車が止まっていました。 薄く雪も積もっていました。 咲きお始めで、開いた花は少なかったですが、 久しぶ...