2021年2月27日土曜日

エゾアオイスミレ(Ezoaoisumire)

 初見の花

長野県に咲くセツブンソウを見てきました。

その片隅に咲くスミレが目に付きました。

時期的に、早くから咲くのは、アオイスミレかな?

そんな思いで撮影していましたが、

ちょっと様子が違う。その時はあまり気にせずに帰ってきました。

図鑑で調べていて、アオイスミレの他にエゾアオイスミレがあることに気づき、

エゾアオイスミレと同定しました。

1.    側弁に毛がある。

2.    葉の先が尖っている。

3.    アオイスミレと共通の特徴、花柱がカギ型に曲がっていることと、

ずんぐりした短い距等。

ただ、あまりにも濃い花びらの色に不安が有ります。

もう一度よく調べてみると、外来種にニオイスミレがあった。

花の色も一致した。ニオイスミレ属の日本産に、

アオイスミレ、エゾアオイスミレが有るということです。

外来種のニオイスミレは古くから栽培されていたようです。


側弁に毛が有る。葉の先が尖っている。
花柱がカギ型に曲がっている。
ずんぐりした短い距。




妻の撮影

妻の撮影

八重咲きのセツブンソウ。

妻の撮影


0 件のコメント:

コメントを投稿

オククルマムグラ(Okukurumamugura)

 まったく同じ花でも茎に毛があるかどうかで、 名前が違うクルマムグラと、オククルマムグラがあります。 今回撮影した花には毛がありました。 オククルマムグラでいいと思います。 妻の撮影  妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影