2022年6月28日火曜日

ミヤマハンショウヅル(Miyamahanshozuru)

 初見の花

日本固有種

山地帯から高山帯まで広く生育しているようです。

つる性の低木。

シロバナノヘビイチゴの撮影が終わり、

上を見上げた妻の一声で、この花に巡り合えました。

旬は過ぎていましたが、来年の楽しみが増えました。

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影






シロバナノヘビイチゴ
妻の撮影


2022.06.18

0 件のコメント:

コメントを投稿

マツラン・カヤラン(Matsuran・Kayaran)

 花友さんにご案内いただきました。 梅の古木にマツランとカヤランが咲いていました。 どちらも着生ランです。 梅の幹に根を張り、ぶら下がるように花を咲かせますが、 成長が進むと、花の重みと強い風などで、木から剥がれ落ちてしまいます。 この花たちはなぜそんな道を選...