2022年2月18日金曜日

セリバオウレン(Seribaoren)

 日本固有種

今年最初の出会いは紀伊半島です。

葉っぱはコセリバオウレンのような33出複葉のものもあり、

変化が激しいように思います。

コセリバオウレンとの違いは、高さ20cm程と大きなことと

花が直径1㎝程とやっぱり大きい事ぐらいに思います。

バイカオウレンとのコラボは初めての出会いでした。

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影






0 件のコメント:

コメントを投稿

マツラン・カヤラン(Matsuran・Kayaran)

 花友さんにご案内いただきました。 梅の古木にマツランとカヤランが咲いていました。 どちらも着生ランです。 梅の幹に根を張り、ぶら下がるように花を咲かせますが、 成長が進むと、花の重みと強い風などで、木から剥がれ落ちてしまいます。 この花たちはなぜそんな道を選...