2022年2月18日金曜日

セリバオウレン(Seribaoren)

 日本固有種

今年最初の出会いは紀伊半島です。

葉っぱはコセリバオウレンのような33出複葉のものもあり、

変化が激しいように思います。

コセリバオウレンとの違いは、高さ20cm程と大きなことと

花が直径1㎝程とやっぱり大きい事ぐらいに思います。

バイカオウレンとのコラボは初めての出会いでした。

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影






0 件のコメント:

コメントを投稿

ヤワタソウ(Yawataso)

 湿った渓流の縁に咲いていました。 中々見つからない花ですが、花友さんの秘密の場所を教えてもらい、 今年も見ることができました。 ただ、最近の梅雨はすさまじく、水の流れで削られた川岸、 ヤワタソウも一緒に流されて、数が減っていました。 植物にとっても、大変な時...