2022年2月18日金曜日

セリバオウレン(Seribaoren)

 日本固有種

今年最初の出会いは紀伊半島です。

葉っぱはコセリバオウレンのような33出複葉のものもあり、

変化が激しいように思います。

コセリバオウレンとの違いは、高さ20cm程と大きなことと

花が直径1㎝程とやっぱり大きい事ぐらいに思います。

バイカオウレンとのコラボは初めての出会いでした。

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影






0 件のコメント:

コメントを投稿

ホソバヒメシャジン(Hosobahimeshajin)

日本固有種  ヒメシャジンの変種で葉の細いものをホソバヒメシャジンという。 亜高山~鉱山の岩場に咲きます。 今年は雨に打たれて全滅気味でした。 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 220722