2018年12月17日月曜日

ホウチャクソウ ㉜ 2018野の花百景

2018.05 四国花旅
山野で普通に見られるホウチャクソウ、四国でも多くの場所で見る事が出来ました。



スイセン 2018野の花百景

今年の花観察もとうとう終わりになってきました。
気になる場所は、北陸、越前海岸のスイセンです。
ちょっと早いとは思ったが下見のつもりで訪れた。
この日から、2週間後がいいと思った。
その時の撮影は、又の日にアップします。

2018.12.01 福井県

妻の撮影


2018年12月16日日曜日

ミヤマハコベ ㉛ 2018野の花百景

2018.05 四国花旅
群生していることが多い花です。
山地の林縁などで星のように輝いて咲く姿は見事です

妻の撮影

妻の撮影


ツルカノコソウ ㉚ 2018野の花百景

2018.05 四国花旅
草丈は20㎝程ありますが、花の直径は2㎜ほどと小さい。
どこでも見られそうですが、花が小さく見落としそうです。
三重県で見たことが有りますが、他では見たことが無い花です。





アゼトウナ 2018野の花百景

海辺に咲く花を求めて訪れた海岸は室戸岬です。
広がる海と岩場は見ごたえあります。
ただ残念なのは、どこの海辺もそうですが、
流れ着く海からのプラスチックです。あまりの多さにびっくりしてしまいます。
景観を損ね、また、そこに咲く花達へのダメージは、
計り知れなく大きなものが有ります。
取り除く量より、流れ着く量の方が多いのか、年々多くなっています。
追いつかない取り除く作業に疲れたのか、
最近はそのまま放置されているようです。
名の知れた浜辺が泣いています。
観光客も年々減少していく要因の一つでもあると思います。
何かいい妙案はない物でしょうか。
健気に咲くアゼトウナを撮影しながら考えさせられました。

2018.11.23 高知県





妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

2018年12月15日土曜日

シコクナベワリ ㉙ 2018野の花百景

2018.05 四国花旅
シコクナベワリの咲く季節になると、
注意しながら咲く花を探します。
今年も1株のシコクナベワリを見つけました。
特徴は、ナベワリの花は花びらの一つが大きいのに対して、
シコクナベワリはほぼ同じ大きさである。
2012年に発表された新種です。

妻の撮影





ユキザサ ㉘ 2018野の花百景

2018.05 四国花旅
小群落をつくって咲くユキザサ。
何時もの所で今年も見る事が出来ました。




妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影