2019年1月20日日曜日

ウナズキギボウシ 19 2018初見の花

紀伊半島、四国、九州に自生している。
ヒューガギボウシの変種ということです。
渓流沿いに生えていて、水の滴るような環境に咲いています。
其の為か、葉も花もうなだれています。
それが特徴のようです。
残念ながら、花期すでに遅く、花を付けているものを探すのに苦労した。

2018.07.27 徳島県


2019年1月19日土曜日

ソハヤキミズ 18 2018初見の花

絶滅危惧Ⅱ類(VU)
紀伊半島、四国、九州の限られた地域に自生する。
水の滴るような岩場に咲く。
花の色も緑色で、教えてもらわなければわからないです。
地味な花ですが、どこにでも咲いているわけでもなく、
初めての出会いに満足しました。

2018.07.26 徳島県




2019年1月18日金曜日

オオカモメヅル 17 2018初見の花

日本固有種
山地の林内に生えるつる性の多年草。
山間の県道沿いに咲いていました。
コバノカモメヅルに比べて花冠の列片は幅があり、見分けが付いた。

2018.07.27 徳島県


2019年1月17日木曜日

シロシャクジョウ 16 2018初見の花

一度は見てみたいと思っていた花に出会えることは嬉しさもひとしおです。
この花もその一つでした。
参道沿いの落ち葉に囲まれてひっそりと咲いていました。
咲き初めの初々しさがまだ残っている感じです。
いい時に出会えたと、何度もシャッターを切ったことが思い出されます。

2018.07.28 徳島県




2019年1月16日水曜日

マヤラン 15 2018初見の花

絶滅危惧Ⅱ類(VU)
やっと出会えました。
それも2カ所で撮影できました。
どちらも旬は過ぎていましたが、嬉しい出会いでした。
四国の植生は健在だと思いました。

2018.07.27 徳島県


花色が柔らかいイメージです。


2019年1月15日火曜日

フウラン 14 2018初見の花

絶滅危惧Ⅱ類(VU
キバナノセッコクと同じ木に着生していました。
この花もゆっくりと構えて撮って見たいと思っています。

2018.07.28 徳島県



2019年1月14日月曜日

キバナノセッコク 13 2018初見の花 

絶滅危惧ⅠB類(EN)
四国、九州、沖縄、八丈島に咲く。
ピークは過ぎていましたが、大きな木の幹に咲くキバナノセッコクは見事でした。
出来れば今年、再訪問したいと思っています。
ゆっくりと構えて撮ってみたいと思わせる雰囲気がありました。

2018.07.28 徳島県



2019年1月13日日曜日

クサスギカズラ 12 2018初見の花

海岸の砂地や岩場に咲く1mにもなる多年草。
花は小さく、見落としそうです。
名前がわからず、1カットのみの撮影でした。

2018.05.03 高知県

2019年1月12日土曜日

ハマウツボ 11 2018初見の花

絶滅危惧Ⅱ類(VU)
カワラヨモギの根に付く葉緑素を持たない寄生植物。
徳島県と香川県で見る事が出来た。
徳島県は河原で、香川県は浜辺で、
それぞれ、カワラヨモギの生えているところだった。

2018.04.28 徳島県

2018.04.28 徳島県

2018.04.28 徳島県

妻の撮影 2018.04.28 香川県

妻の撮影 2018.04.28 香川県

2019年1月11日金曜日

ヒメミヤマスミレ 10 2018初見の花

フモトスミレの亜種ということです。
横倉山には咲くと言われています。
丁度、時期も合っていましたので、寄ってみました。
登山道を10分ほど登ったところで、見つけました。
フモトスミレの葉の裏は紫色をしています。
ヒメミヤマスミレは緑色です。
まず一つの違いを見つけました。
葉の鋸歯は荒い点がフモトスミレとの違いのようです。

2018.05.03 高知県


葉の鋸歯は粗い

妻の撮影

妻の撮影

ガクウツギ 9 2018初見の花

日本固有種
ガクウツギとコガクウツギがある。
どちらも初見の花であるが、同定ができていない。
図鑑では葉の先が尖っている方がガクウツギとなっているが、自信がない。
次に出会った時までの宿題です。

2018.05.03 高知県
葉が尖っています。 ガクウツギ?

妻の撮影


葉が丸いです。 コガクウツギ?

妻の撮影

2019年1月9日水曜日

セツブンソウ 2019野の花百景

日本固有種
準絶滅危惧(NT
この花も、花好きのブログのお陰で見に行きました。
もう咲きだしたと、びっくりしながら訪れたお寺のいつもの場所で、
迎えてくれました。

2019.01.06 愛知県




妻の撮影

妻の撮影

シロバナハンショウヅル 8 2018初見の花

日本固有種
花弁状の萼片は薄く、光に透けて見えるのがこの花の大きな特徴です。
気に絡みついて咲くこの花は、上を向いて探さないと見つからないと思いました。

2018.04.28 徳島県


妻の撮影

妻の撮影

2019年1月8日火曜日

コセリバオウレン 2019野の花百景

日本固有種
花好きの皆さんのブログにもう載っていました。
ついつい誘われて、今年最初の花撮影はコセリバオウレンになりました。
蕾も多く、咲き始めの花茎の曲がったいい感じのコセリバオウレンも見つけました。

2019.01.06 愛知県
妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影




スズカカンアオイかな?寒風で赤く染まった葉が印象的です。

妻の撮影  ヒメカンアオイも花を付けていました。